プロペシアで抜け毛対策

男性の薄毛、特にAGAと呼ばれる男性型脱毛症に使われるのがプロペシアです。プロペシアとは医師によって処方される薬です。皮膚科や発毛専門クリニックなどで処方されています。

プロペシアには毛乳頭内の5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。5αリダクターゼとは毛乳頭内に存在する酵素です。男性ホルモンに働きかけ、DHT(ジヒドロテストステロン)を生み出します。DHTは毛根で男性ホルモンレセプターと結合し、退行誘導因子を生成します。

退行誘導因子はヘアサイクルの乱れを引き起こします。毛母細胞の働きを弱めてしまい、髪の毛が抜けやすくなります。プロペシアはDHTの生成を抑えることで、退行誘導因子の発生も抑制し、抜け毛を防止します。1年間の服用で6割近くの方が効果を実感しています。ただ、服用を辞めるとまた抜けはじめます。

ノコギリヤシにも5αリダクターゼを阻害する作用はありますが、プロペシアはノコギリヤシよりも強力な効果があります。ただホルモン系に作用する薬のため市販はされていません。プロペシアは1錠250円、さらに自由診療の為に診察料などがかかります。費用はクリニックによって異なります。

プロペシアの副作用で報告されているのが、男性機能低下です。ただ、プロペシアは男性ホルモンを減らしたりする作用はないため、はっきりしていないのが現状です。プロペシアを服用すると、前立腺がわずかに小さくなるので、そのあたりが関係しているかもしれません。

プロペシアの注意点は女性には服用出来ないことです。女性の薄毛にプロペシアは効果がありません。また、妊婦さんが服用すると胎児に悪影響を与える可能性があります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。